内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

4度の本塁打王に3度の打点王 山本浩二が遅咲きだった秘密

公開日: 更新日:

 出会いは1968年。大学選手権の決勝で私が3年だった駒大が法大と対戦した。

 あの頃の法大は強かった。山本浩二(73)、田淵幸一、富田勝(享年68)の「法政三羽ガラス」にボコボコに打たれて3―12。3人は後に広島阪神、南海からそれぞれ1位指名を受けた。エースは3年生の山中正竹(現・全日本野球協会会長)。スター軍団に駒大は手も足も出なかった。

 浩二さんはカープが初優勝した75年、オールスターで衣笠祥雄さんと2人で2打席連続アベック本塁打を放ってブレークした。そのシーズンは打率・319で首位打者となり、30本塁打、84打点、24盗塁でカープのリーグ初優勝に貢献。MVPも取った。この年から「ミスター赤ヘル」と呼ばれるようになる。浩二さんは29歳だった。

 現役時代、大学出身者日本記録の通算536本塁打。4度の本塁打王、3度の打点王のタイトルはいずれも30歳以降という大器晩成型である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る