実戦復帰で巨人は救世主扱い メルセデスの慢心には要注意

公開日: 更新日:

 巨人の左腕エースが帰ってくる。

 左肘の違和感からC・C・メルセデス(26)が17日、三軍と日体大のプロアマ交流戦で今季初登板する。昨季8勝(8敗)。今季は開幕ローテの一角がほぼ約束されていたが、先月の宮崎キャンプ中に左肘に違和感を訴えて離脱していた。

 20日の通常開幕なら間に合わない可能性が高かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕が延期になった恩恵を受けた格好だ。原監督は「遅れていたメルセデスが戻ってきます」とうれしそうにテレビのインタビューに答えていた。本人も「(開幕ローテに)入りたい」と腕まくりである。

 しかし、これで巨人の投手陣が救われるのか。ファームの関係者がこう指摘するのだ。

「メルセデスは油断するとすぐに太る体質で、昨年のキャンプに、かなり増量した姿で来日し、首脳陣に大目玉を食らっている。今回は帰国する際に、原監督にきつく言われていたため、体を絞って来日したまでは良かったが、キャンプに入ると、すぐに離脱してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る