G菅野に開幕延期は吉か “フル回転”はメジャーへの試金石に

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(30)が13日、楽天とのオープン戦に先発。3回1安打無失点の好投。万全の仕上がりを見せた。

 巨人はこの日も敗れ8連敗。オープン戦ぶっちぎりの最下位に沈む。原監督は前日に苦言を呈したが、菅野に関しては「これまでで一番良かった」と評価した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕は延期となった。現在は4月10日以降に開幕する複数のパターンを想定し、日程の再編を進めることになっている。開幕投手が内定済みの菅野にとって、1カ月近い延期により、モチベーションの維持や調整は困難を極めそうだ。

 シーズンの143試合は例年以上にタイトなスケジュールで行われる見込み。CSや日本シリーズも通常通りで、巨人がポストシーズンに進出したと仮定すると、150試合超。最短で目指している4月10日に開幕した場合、その間の練習試合を全て行えば17試合。本来の開幕日だった20日から実に170試合ほどを消化しなければならない。これはレギュラーシーズンの162試合にポストシーズン分を合わせ、182試合を戦う可能性があるメジャーに迫る試合数である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る