肩日本一の巨人小林 正捕手争い後退でトレード打診殺到か

公開日: 更新日:

 巨人の開幕マスクは3年目の大城卓三(27)になりそうだ。

 当初、原監督は大城の打力を生かすため、先月の沖縄2次キャンプから「一塁専念」とした。しかし、オープン戦を含めた7試合で打率・136と急降下。キャンプ終了時に「もう少し楽な捕手併用という形でやらせる(戻す)」と命じると、再び打ち出したのである。

 原監督は18日、正捕手争いについて「(大城が)今のところ一歩リードしている。打撃はあるし、リード面も含めて。スローイングも向上している」と言及した。

 これでまたぞろ不遇をかこつのが、これまで正捕手を張ってきた小林誠司(30)だ。大城が一塁に専念していたオープン戦序盤は、主に岸田が先発マスクをかぶった。岸田が二軍に落ちると、今度は大城がメイン。小林は守備固めのような起用が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る