開幕延期で“損した”巨人・中島 OP戦本塁打王も息切れ心配

公開日: 更新日:

 オープン戦を2勝10敗4分けの最下位で終えた巨人。13試合白星がないチームにとっては、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、20日の開幕が延期となったのは追い風だろう。

 だが、中には「損した」選手もいる。オープン戦の本塁打王、20年目のベテラン中島宏之(37)である。14試合に出場し、打率.351、4本塁打。昨季は43試合で打率.148、1本塁打と、からっきしだったのがウソのように打ちまくっているのだ。

 通常開幕なら、一塁でのスタメン出場は間違いないところだった。首脳陣のひとりは「今年は大上段からグリップの位置を下げて、ノーステップ気味に打っていた。フォームがシンプルになったのが奏功した。先月のキャンプから長くいい状態をキープしているのもプラス。開幕スタメンどころか、クリーンアップで5番の可能性もありますよ。候補のパーラは長打力がなく、相手としては、今の中島の方が怖いでしょう」と明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る