開幕延期で“損した”巨人・中島 OP戦本塁打王も息切れ心配

公開日: 更新日:

 オープン戦を2勝10敗4分けの最下位で終えた巨人。13試合白星がないチームにとっては、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、20日の開幕が延期となったのは追い風だろう。

 だが、中には「損した」選手もいる。オープン戦の本塁打王、20年目のベテラン中島宏之(37)である。14試合に出場し、打率.351、4本塁打。昨季は43試合で打率.148、1本塁打と、からっきしだったのがウソのように打ちまくっているのだ。

 通常開幕なら、一塁でのスタメン出場は間違いないところだった。首脳陣のひとりは「今年は大上段からグリップの位置を下げて、ノーステップ気味に打っていた。フォームがシンプルになったのが奏功した。先月のキャンプから長くいい状態をキープしているのもプラス。開幕スタメンどころか、クリーンアップで5番の可能性もありますよ。候補のパーラは長打力がなく、相手としては、今の中島の方が怖いでしょう」と明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る