G吉川尚が練習試合欠場 二塁交代制確実でFA山田哲獲り加速

公開日: 更新日:

 巨人吉川尚輝内野手(25)が22日、腰の張りのため、試合前練習を切り上げた。

 東京ドームでのDeNA戦前、ティー打撃を行っている最中にベンチ裏に下がると、そのまま戻ってこなかった。この日の二塁は2試合連続で北村が先発。前日21日のDeNA戦で途中出場し、適時打を放っていた。

 元木ヘッドコーチは「腰が張っていたから。本人は『できる』と言っていたけど、こっちからやめさせた」と軽症を強調したものの、ここにきて古傷が再発した格好だ。

 二塁の開幕スタメン最有力候補ながら、昨季も開幕から11試合に出場した後、腰痛で離脱。その後、一軍に復帰することはなかっただけに、状態が心配される。古城内野守備走塁コーチがこう言った。

「今年の吉川尚は休ませながら起用? 開幕日が決まっていないので、まだそういう話にはなっていませんが、状態を見ながらになるでしょう。五輪が控える坂本も? そうですね。今年は連戦が続く日程になるでしょうし、そういうことも考えないといけないかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る