巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

公開日: 更新日:

 優勝旅行先の米ハワイで、巨人原辰徳監督(61)が来季のキーマンに吉川尚輝(24)を挙げている。

 2016年のドラフト1位で入団。今季は開幕から11試合に「1番・二塁」でスタメン出場し、打率・390でチームを引っ張った。二塁の守備範囲も広く、出身の中京学院大の先輩でもある広島「菊池2世」の異名がある。その菊池涼も「後輩だから言うわけじゃないけど、いい選手ですよね。守備範囲が広くて肩も強い。打撃もいいし」と太鼓判を押していたが、4月14日に腰痛による登録の抹消をされると、そのまま一軍に戻ることなく、シーズンを終えた。

 それでも原監督は「まただまされちゃうかもしれないけど……」と言うほど吉川尚に惚れ込み、能力だけなら「(坂本)勇人クラス」と認めている。

 ただ、能力に体がついていかない。原監督は先月の秋季練習中、「尚輝か~。(すぐにケガをして)職場放棄するからな~。戦う以前の問題だよ」と歯がゆそうに話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る