静寂の中で音だけが響く…大相撲「無観客場所」リポート

公開日: 更新日:

 史上初の無観客で注目を集めている大相撲3月場所(大阪)。連日、さまざまな報道が出ている。本紙(日刊ゲンダイ)記者が改めてリポートする。

 今場所を表現するなら「音の場所」だ。報道陣の立ち入りが許されているのは3階のイス席。記者が座ると、痛いほどの沈黙の中、「ジー……」と鳴る蛍光灯の音だけが響く。

 そんな静寂を振りはらうように、呼び出しが「に~し~……」「ひが~し~……」と力士の名前を呼び上げる。土俵に上がった東西の力士が踏む四股やまわしを叩く音、呼び出しがほうきで砂を掃く音に続いて、行司も両力士のしこ名を呼ぶ。

 館内アナウンスが力士の紹介をし、いざ取組。つっぱり、張り手、ぶちかましと、力士たちのぶつかり合う音は迫力十分。踏ん張った時、あるいは投げられたときに土俵をこする「ザーッ」という砂の音は、稽古場以外で耳にする機会はめったにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る