静寂の中で音だけが響く…大相撲「無観客場所」リポート

公開日: 更新日:

 史上初の無観客で注目を集めている大相撲3月場所(大阪)。連日、さまざまな報道が出ている。本紙(日刊ゲンダイ)記者が改めてリポートする。

 今場所を表現するなら「音の場所」だ。報道陣の立ち入りが許されているのは3階のイス席。記者が座ると、痛いほどの沈黙の中、「ジー……」と鳴る蛍光灯の音だけが響く。

 そんな静寂を振りはらうように、呼び出しが「に~し~……」「ひが~し~……」と力士の名前を呼び上げる。土俵に上がった東西の力士が踏む四股やまわしを叩く音、呼び出しがほうきで砂を掃く音に続いて、行司も両力士のしこ名を呼ぶ。

 館内アナウンスが力士の紹介をし、いざ取組。つっぱり、張り手、ぶちかましと、力士たちのぶつかり合う音は迫力十分。踏ん張った時、あるいは投げられたときに土俵をこする「ザーッ」という砂の音は、稽古場以外で耳にする機会はめったにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る