内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

弱点の原因を見つけ修正…坂本と誠也に共通していた反復力

公開日: 更新日:

 人を育てるのは時間がかかるものだ。

 例えば打つ時に体が前に突っ込んでしまう選手がいる。これを「突っ込むな」と言うだけなら指導とは言わない。

 まずは体が前に出てしまう原因を見つけだす。その後は修正する練習法を考える。長年の染みついた打ち方を変えるのだから、選手にはつらく、苦しい作業になる。時間がかかって当然だ。それを継続するのはさらに難しい。ここからは本人の意思次第。こちらがいくら熱心にああだこうだと言ったところで、選手自身が脇目もふらずに反復してくれないと身につかないからだ。

 私の見てきた中では、不器用な選手の方が成功することが多い。

 器用な選手はすぐにできてしまうため、さっさと次に行ってしまう。ただ、実は習得の度合いが浅く、本当の意味で身についていないことがよくある。半面、不器用な選手は、時間はかかっても、亀のごとく着実に前に進んでいくため、しっかり身になっているケースが多い。習得に要した時間は、習熟度に比例するというのが私の持論だ。ここまでやって、ようやく人は育つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  5. 5

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    NHKに焦り?22年前期朝ドラ「ちむどんどん」早すぎる発表

  9. 9

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る