球界実力者が次々と言及「プロ野球16球団構想」の現実味

公開日: 更新日:

 球団拡張が実現する――そうぶち上げたのが、元ヤクルト監督の古田敦也氏(54)だ。

 去る4日に放送されたテレビ番組で、「(プロ野球の)16球団構想はすでにやっている」とキッパリ。新規参入球団の本拠地となる具体的な都市名を出し、「まずは2球団が、早ければ2年後からでも」と話した。

王貞治氏「できればあと4つ」

 古田氏は数年前からプロ野球の球団増設を訴えており、16球団構想を口にしたのも今回が初めてではない。今年1月にはソフトバンクの王球団会長(79)も、「できればあと4つ、チームが誕生してほしい」と提言。球界で最も大きな影響力を持つ王会長の口から出た突然の16球団構想に球界が驚く中、示し合わせたかのように再び古田氏がくすぶっていた火種に薪をくべたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る