球界実力者が次々と言及「プロ野球16球団構想」の現実味

公開日: 更新日:

 球団拡張が実現する――そうぶち上げたのが、元ヤクルト監督の古田敦也氏(54)だ。

 去る4日に放送されたテレビ番組で、「(プロ野球の)16球団構想はすでにやっている」とキッパリ。新規参入球団の本拠地となる具体的な都市名を出し、「まずは2球団が、早ければ2年後からでも」と話した。

王貞治氏「できればあと4つ」

 古田氏は数年前からプロ野球の球団増設を訴えており、16球団構想を口にしたのも今回が初めてではない。今年1月にはソフトバンクの王球団会長(79)も、「できればあと4つ、チームが誕生してほしい」と提言。球界で最も大きな影響力を持つ王会長の口から出た突然の16球団構想に球界が驚く中、示し合わせたかのように再び古田氏がくすぶっていた火種に薪をくべたことになる。

 古田氏が挙げた4自治体は実際、2015年に静岡市が旗振り役となって、沖縄県、新潟市、松山市と球界参入のための協議を行っている。それぞれプロ野球の公式戦を開催する球場を持つ都市で、以前から誘致に積極的だといわれてきた。そこへ、古田氏が「2年後にも」と具体的に踏み込んだ。コロナ騒動の裏で事態が大きく動き始めているかのような印象を与えたが、現実はどうなのか。各自治体に話を聞くと……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質