緊急事態下で五輪追加経費IOCと合意 安倍首相に非難の嵐

公開日: 更新日:

 2021年7月に開催が延期された東京五輪の追加経費について、IOC(国際オリンピック委員会)が20日、<安倍晋三首相が、2020年大会の契約に基づき、日本が引き続き負担することで合意した>と明らかにしたことに対し、怒りの声が続出している。

 追加経費は約3000億円と見積もられており、IOCはこれまで追加経費の負担についての明言は避けてきたが、ここにきて日本側に負担を強いる姿勢を鮮明にしたわけだ。

 しかし、今の日本は世界各国と同様、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために「緊急事態」の状態にある。

 ネット上では、<医療崩壊が懸念される全国の医療現場に供給する物資、自粛要請で厳しい経営を迫られている中小企業や従業員への休業補償など、政府がすぐにカネを出すべきところはいくらでもあるだろう><来夏に終息しているかも分からず、開催される見通しも不透明な五輪のためになぜ、今、安倍首相は3000億円もの追加負担を認めるのか理解に苦しむ>などと、非難ごうごうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る