東京五輪関係者が気をもむ「延期とカネ」の結末と国民感情

公開日: 更新日:

「それは今、想像したくないですね」

 ある五輪関係者がこう言ったのは、1年延期された東京五輪の「結末」だ。

 IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、ドイツ紙「ウェルト」(電子版)のインタビューで、開催延期に伴う追加費用の負担を想定していることを示唆した。それを受けて大会組織委員会は13日、「IOC、東京都、国、関係者と(負担の)協議を進めていきたい」とのコメントを出した。

 これまで報じられている通り、五輪開催が1年延期になったことで、競技場や選手村など、五輪関連施設の維持、管理、修理のほか、組織委員会職員の人件費、選手強化費も1年余分にかかる。その追加経費は3000億円とも5000億円とも、中には1兆円でも足りないという声もある。

 新型コロナウイルスの感染拡大で国内経済は疲弊し、国は当分の間、感染防止と補償に追われる。そんな中でも麻生財務相は2日、延期に必要な予算の確保に関し、「きちんと対応しなければならないことは確かだ。全力を挙げる」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る