中止決定は全英のみ…テニス全仏と全米が開催に躍起な理由

公開日: 更新日:

 全豪オープンテニスの主催者は来年1月の同大会を自国の観客のみで行う可能性を示唆しながら、しかし、開幕にはこだわっている。

 テニスの4大大会で、すでに中止が決定したのはウィンブルドンだけ。5月下旬に行われる予定だった全仏は、9月20日~10月4日に延期。8月下旬に開幕予定の全米の主催者は、6月中旬に開催の可否を判断するというコメントを出している。

 全仏の会場のローラン・ギャロスは昨年の大会後、約430億円を投入して改修。センターコートには開閉式の屋根が設置され、今年はお披露目になる。

 全米の会場は、世界で最もコロナが深刻なニューヨーク。さすがに当地での開催は無理と判断したのか、すでに西海岸で開催するプランが浮上している。中でも会場の規模が大きく、例年3月にBNPパリバ・オープンが行われるカリフォルニア州インディアンウエルズが有力視されているという。ただし、砂漠地帯にあるため、9月でも40度近い暑さが懸案事項だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  2. 2

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    近江アナは15歳上の夫と入籍も…コロナで“年の差婚”激変

もっと見る