原監督が“球児トライアウト案”実現なら増すアマへの発言力

公開日: 更新日:

 結論は出ずじまいだった。

 22日に行われたプロ野球の12球団代表者会議。政府による緊急事態宣言が継続中ということで開幕日は公表せず、議論は継続となった。とはいえ、NPBはすでに感染症の専門家チームからの提言を受け、80ページに及ぶガイドラインを作成。12球団に配布したというから、目標とする6月19日開幕に向けて前進したのは間違いないだろう。 

 そのプロ野球界では、巨人原辰徳監督(61)が披露した球児の救済案が話題になっている。

 21日、夏の甲子園中止を受け、「進学、あるいはプロで野球をやるという大きな目標を持っている人もいる。何か披露する場所、プロ野球にはトライアウトというルールがある。社会人、大学も含めて金の卵を発掘しようとしている。チャンスを与える手段を我々はプロ野球として考えていきたい」と、トライアウト案をブチ上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

もっと見る