センバツ用にプロ作成「極秘指名リスト」一挙公開【投手】

公開日: 更新日:

 折からのコロナ禍によって、史上初の中止に見舞われたのが今春のセンバツ高校野球。本紙はセンバツ用に作成されたあるプロ球団の有力選手リストを入手した。

【写真】この記事の関連写真を見る(28枚)

 全国に散らばった各地区の担当スカウトは高校生、大学生、社会人、BCリーグの選手を追い掛け、これはと思う有力選手をピックアップ。2月のキャンプ中に開かれるスカウト会議で、球団にリストを提出する。

 一覧表は、膨大なリストの中から球団がセンバツに出場する選手だけを拾い上げたものだ。春先に解禁された練習試合の結果や、地元の評判などを耳にした地区担当のスカウトが、大会前日の会議で選手の名前を追加するケースもあるとはいえ、甲子園に集まるスカウトはおおむねこのリストを基に選手の実力を見極める。リストに載った選手は本当にプロでやっていくだけの力があるか、あるいはリストに載っていない選手の中に拾いモノはいないか。連日、ネット裏からチェックするのだ。

 古株のベテランスカウトによると、「センバツに駒を進めるためには秋の一発勝負を勝ち抜かなきゃならない。いきおい、計算の立つエースにオンブにダッコになる。けれども、後にプロで活躍する投手には甲子園では投げなかったが、エースに次ぐ2番手だったという連中が少なくない。なので試合はもちろん、ブルペンにも目を光らせておく必要がある」そうだ。

 春に続いて夏の甲子園大会が行われるかどうかも定かじゃないが夏も出てくるようなら選手の力は本物だろうし、中止になったとしても秋のドラフト用に名前を覚えておいて損はない。スポーツマスコミではなく、プロのスカウトが本気でピックアップした投手を紹介する――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず