仏や伊からも熱視線 久保建英は来季どこでプレーすべきか

公開日: 更新日:

 2019年6月にスペインの名門レアル・マドリード入りした日本代表MF久保建英(19)。今季は期限付き移籍先のスペインの中堅マジョルカで24試合出場・3得点。スペインリーグは11日に再開され、マジョルカは現地13日に地元で強豪バルセロナと対戦する(日本時間14日午前5時キックオフ)。

 注目度の高いバルサ戦でも主軸として活躍が期待されている久保は、中断中も〈来季はどこでプレーするのだろうか?〉と注目されていた。スペイン以外にフランス、イタリア、トルコから引き合いが来ているといわれているからだ。

 レアル幹部は、実戦経験を積ませるために来季もスペインの中堅でプレーさせる意向を持っているともっぱら。ベティスやレアル・ソシエダの名前が挙がっている。

 国外では、ブラジル代表FWネイマールが所属しているフランスの強豪パリSG、元日本代表MF本田圭佑がプレーしていたイタリアの名門ミラン、トルコの強豪ベシクタシュと移籍交渉が進んでいると「FotoSpor」など現地メディアが報じている。久保にとっては「レアルに引き戻されてトップチームに合流する」がベストだろうが、世界に名だたるビッグクラブのトップでプレーできる可能性はゼロに近い。来季、どこでプレーするのがベストか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る