久保建英にミズノ熱視線 次期スパイク契約戦争にも参戦か

公開日: 更新日:

 再開されたスペインリーグ、レンタル移籍先のマジョルカでプレーしている日本代表MF久保建英(19)が<来季はどのメーカーのスパイクを履くのだろうか?>と熱視線を浴びている。

 アディダス社と複数年契約中の久保タケ。契約更新のタイミングを迎え、「ナイキとプーマが一大攻勢をかけている」とレアル・マドリード専用メディア「ディフェンサ・セントラル」が報じた。

 久保タケの所属先はR・マドリード。それだけに現地スペインでは「信ぴょう性は高い」ともっぱらだが、某放送関係者が「久保タケのスパイク契約戦争にミズノが参戦して活発に動いている」とこう続ける。

「久保タケの契約マターには、近しい関係者が常に絡んでいる。実は2018年前半、久保タケは黒塗りのナイキのスパイクを履いてプレー。近々ナイキに変更するといわれていたが、結局は<アディダス社との契約金のつり上げ工作の一環>だったとみられている。その後もナイキとプーマがアプローチをかけ続けているが、そこにミズノが割って入った。ミズノ最大の大物契約者といえば元日本代表MF本田。現役代表時代の契約金は年間1億2000万円ともいわれていたが、元代表となった今では年間2000万円そこそこ。ミズノは<浮いた1億円で久保に全力でにじり寄っている>というワケです」

 タケ久保の次期スパイクはミズノで決まり?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る