サヨナラ満塁弾のヤクルト村上 守備不安払拭で他球団脅威

公開日: 更新日:

 打った瞬間、ベンチが沸いた。

 ヤクルトは5―5の同点で迎えた九回裏、無死満塁の好機に、4番村上宗隆(20)が広島5番手スコットの3球目を左翼席上段に運び劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

「満塁で回ってきたので、何とか1点取ろうと思って打席に入りました。いい感じでとらえたので(スタンドへ)行ったかなと思いました」

 昨季は高卒2年目としてはセ初となるシーズン30本塁打(36本)を記録。96打点は、「怪童」と呼ばれた中西太が持つ高卒2年目以内の年間最多打点(86点)の日本記録も塗り替え、新人王になった。一方、184三振はリーグワースト。「一発か三振か」という打者で、15失策(同2位)も投手泣かせだった。

 今季はここまで11試合40打数で8三振。少ないとは言えないが、打率・375、3本塁打と安定感があり、13打点はリーグトップだ。好調な打撃は守備力(2失策)の向上も大きな要因だ。

 今季は一、三塁で併用されているが、守っている時の表情が違う。昨季、ファンの失笑を買ったお粗末なプレーは見られず、何度か好守で投手を助けている。守備の不安がなければ打撃に集中できる。マークがきつくなる今季も村上は怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る