サヨナラ満塁弾のヤクルト村上 守備不安払拭で他球団脅威

公開日: 更新日:

 打った瞬間、ベンチが沸いた。

 ヤクルトは5―5の同点で迎えた九回裏、無死満塁の好機に、4番村上宗隆(20)が広島5番手スコットの3球目を左翼席上段に運び劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

「満塁で回ってきたので、何とか1点取ろうと思って打席に入りました。いい感じでとらえたので(スタンドへ)行ったかなと思いました」

 昨季は高卒2年目としてはセ初となるシーズン30本塁打(36本)を記録。96打点は、「怪童」と呼ばれた中西太が持つ高卒2年目以内の年間最多打点(86点)の日本記録も塗り替え、新人王になった。一方、184三振はリーグワースト。「一発か三振か」という打者で、15失策(同2位)も投手泣かせだった。

 今季はここまで11試合40打数で8三振。少ないとは言えないが、打率・375、3本塁打と安定感があり、13打点はリーグトップだ。好調な打撃は守備力(2失策)の向上も大きな要因だ。

 今季は一、三塁で併用されているが、守っている時の表情が違う。昨季、ファンの失笑を買ったお粗末なプレーは見られず、何度か好守で投手を助けている。守備の不安がなければ打撃に集中できる。マークがきつくなる今季も村上は怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る