新大関朝乃山が動画研究 千代の富士より参考になる2力士は

公開日: 更新日:

「渋いチョイスだけど、自分の相撲をよくわかっている」

 とはある親方だ。

 6日、新大関朝乃山(26)がオンラインで記者会見を行った。19日初日の7月場所だが、コロナ禍の影響で出稽古はいまだ中止。そこで朝乃山は動画サイトなどで、過去の大関横綱の相撲を研究しているという。

「大鵬さん、三重ノ海さん、北の湖さん、北天佑さん、霧島さん、あとウチの親方(大関朝潮)」

 と、名前を挙げた新大関。中でも、一番印象に残ったのは千代の富士だというが、さすがに体重120キロ台で筋肉質だった千代の富士と172キロの朝乃山では、体形からして違いすぎ、真似をするのは難しい。それ以外で参考になりそうな力士はいるのか。

タイプが似ている

 冒頭の親方は「朝乃山は右四つだが、左四つの三重ノ海さんの相撲は参考になる」とこう話す。

「三重ノ海さんは前さばきが非常にうまく、差し手をかち上げ気味に当て、下から差す相撲を得意にしていた。朝乃山もまず右を差してから上手を探る相撲ですからね」

 タイプが似た北天佑の相撲も参考になる。

「朝乃山は右を差したあと、胸を合わせてぐいぐい前に出る点が、北天佑さんと似ている。さらに北天佑さんは突き押しも得意だった。朝乃山もたまにだが、突っ張りで相手の体を起こしてから右差しを狙う相撲を取りますからね。差したあとに前に出ながら素早く左上手を取る北天佑さんのスピードと技術。組めなかったときでも四つにこだわらず、ノド輪などを駆使する戦いなどは学べるはずです。師匠の高砂さん? へこたれないメンタル面はおおいに学ぶべきでしょうけど」(前出の親方)

 新大関としての初土俵はもうすぐだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る