新大関・朝乃山 コロナ禍の自粛ムードは「不幸中の幸い」

公開日: 更新日:

 人気力士の「洗礼」を浴びずに済んだのが、せめてもの慰めだろう。

 連日、稽古で汗を流している新大関朝乃山(26)。相撲に集中するという、当たり前だが充実した時間を過ごしている。

 普通、注目力士は場所直後からCMやイベントの出演オファーが殺到するもの。

 新大関となればなおさらだが、今は新型コロナウイルスによる感染拡大で自粛ムード一色。現状、参加人数が多いイベントなどは開催できないので「雑音」に惑わされる心配はない。

 仮にコロナ禍がなかった場合、高砂部屋のタニマチのひとりは「多少は稽古量が少なくなったかもしれない」と、こう続ける。

「朝乃山は昨年5月場所で初優勝。トランプ杯を手にした初の力士となった。名前と顔が売れたことで、イベント出演や取材などが殺到。それを律義に受けていたものだから、5月場所直後からはしばらく分刻みのスケジュールを余儀なくされた。当時、6月に富山合宿があったけど、本人も余裕がなくてピリピリしていたようで、挨拶から何からぞんざいになり、地元では『テングになっている』と悪評だった。私が新聞記者さんらに『最近はいつもあんななの?』と聞いたら、彼らも『あんなに不機嫌な朝乃山は初めて見た』と困惑していたほど。それで高砂親方に態度を注意され、本人も反省したのでしょう。大関昇進後は本人が『CMやイベントなどは極力断る』と話していましたからね。それでも太いタニマチからの要請だったり、親方と縁のある筋からの頼みは断りにくいですが」

 稽古に専念できるのは不幸中の幸いかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ