コロナ禍に財政難…メジャー視野に入れる選手の意欲が心配

公開日: 更新日:

 米国内に限って、ようやくスカウト活動が解禁された。ごく最近のことだ。

 ただし、日本も含めた国外の選手を、生でチェックすることはまだできない。日本のプロ野球は10日から5000人を上限に観客を入れるようになる。我々、スカウトも中に入れてもらえるらしいが、メジャーが米国外のスカウト活動を禁じている以上、たとえ日本に住むスカウトであっても球場で直接、選手をチェックすることはできない。

 日本在住のスカウトのいる球団はまだしも、メッツやマーリンズのように日本にスカウトを置いていない球団はわざわざ人を派遣しなければならない。渡航制限を含めて仕事をしづらいのが実情で、球団間で不公平が生じるのを防ぐためにも国外の活動は制限されているのだ。

■成績は毎日ネットでチェック

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る