久保建英マジョルカ完敗でリーガ19位にダウン…残留争いへ

公開日: 更新日:

 スペイン1部・第36節で日本代表MF久保建英(19)所属のマジョルカは日本時間13日、4位の強豪セビージャと対戦した(午前5時開始)。今季3試合を残して18位と2部降格圏内にあえぐマジョルカにとって<何とか粘って引き分けて勝ち点1をゲットしたい>一戦。久保は12試合連続で主戦場の右MFの先発メンバーに名を連ねた。

 来季の欧州CL出場圏内の4位以上を確保したいセビージャは、序盤からアグレッシブに攻め立てる。マジョルカは防戦一方。久保は5分に1度ほど自陣でボールに触る程度。PKによる失点で0―1で迎えた前半アディショナルタイムにボールを運び、味方のシュートを引き出すパスを送るのが精いっぱいだった。

 今季マジョルカは<敵地で1勝のみ><逆転勝ちはなし>。後半も苦しい戦いが続き、セビージャの波状攻撃をマジョルカの選手たちが、体を張って食い止めるシーンばかり。後半29分に久保がペナルティーエリア内に侵入。右足でシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。同39分に2失点目を食らい、その直後に久保はベンチに呼び戻されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る