ブレーメン大迫がドイツ1部残留も…日本代表戦力外の危機

公開日: 更新日:

 ドイツ1部ブレーメン所属の日本代表FW大迫勇也(30)は、まさに<薄氷>という言葉がピッタリのシーズンを送ることになった。

 今季最終戦前の順位は降格圏内の17位。それでも、最終戦でケルン相手に6―1と大勝して16位に滑り込み、2部3位チームとのプレーオフをしのぎ切り、奇跡的に1部残留を手繰り寄せた。

 ケルン戦2ゴールと活躍した大迫は、今季リーグ8得点としてドイツでの年間自己最多ゴールを更新した。昨年9月に左太もも痛で1カ月半ほど離脱したことがチームの低迷の原因のひとつとされ、「残留してもオフに放出の可能性大」と囁かれていた。が、土壇場で残留に貢献したことで来季もブレーメンでプレーできるともっぱら。大迫本人もホッとひと息といったところだろう。ところが「森保ジャパンでの立場は微妙」とサッカー関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る