パワハラ中川親方の降格決定 親方衆へ相撲教習所のススメ

公開日: 更新日:

「あれだけ暴力は禁止だと言われながら、なぜ弟子を殴ったのか。弟子がかわいそうだし、7月場所も台無しだよ」

 ある親方がこう言ってため息をつく。

 13日、相撲協会の臨時理事会で詳細が明らかになった中川親方(元前頭旭里)の暴力パワハラ問題。協会によれば、ちゃんこを運ぶ弟子を注意した際に顔面を殴打。他にも「帯の結び方が汚い」と頭部を殴り、正座させて説教中の弟子の腹を蹴るなど、典型的な“恐怖指導”が明らかになった。さらに日常的に「殺すぞ」「ボンクラ」と、不適切な発言を繰り返してきたこともわかった。

 それでも、もので叩くなどはせず、本人も深く反省。弟子も処分軽減を求めているなどの理由で解雇などの厳罰ではなく、委員から平年寄への2階級降格処分に。中川部屋は閉鎖され、所属力士は同じ時津風一門の各部屋に散ることとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る