パワハラ中川親方の降格決定 親方衆へ相撲教習所のススメ

公開日: 更新日:

「あれだけ暴力は禁止だと言われながら、なぜ弟子を殴ったのか。弟子がかわいそうだし、7月場所も台無しだよ」

 ある親方がこう言ってため息をつく。

 13日、相撲協会の臨時理事会で詳細が明らかになった中川親方(元前頭旭里)の暴力パワハラ問題。協会によれば、ちゃんこを運ぶ弟子を注意した際に顔面を殴打。他にも「帯の結び方が汚い」と頭部を殴り、正座させて説教中の弟子の腹を蹴るなど、典型的な“恐怖指導”が明らかになった。さらに日常的に「殺すぞ」「ボンクラ」と、不適切な発言を繰り返してきたこともわかった。

 それでも、もので叩くなどはせず、本人も深く反省。弟子も処分軽減を求めているなどの理由で解雇などの厳罰ではなく、委員から平年寄への2階級降格処分に。中川部屋は閉鎖され、所属力士は同じ時津風一門の各部屋に散ることとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る