大相撲九州場所も東京変更 利点あれど関係者から落胆の声

公開日: 更新日:

 相撲だけのことを考えたら、悪いことではない。

 13日の臨時理事会で11月場所の会場が変更になった大相撲。例年なら福岡で行われるものの、いまだ続くコロナ禍の影響により、国技館開催となった。19日初日の7月場所も名古屋から東京に変更済みだから、これで3場所続いて国技館での本場所という異例の事態となった。

■多くの力士には朗報だが

 もっとも、多くの力士にとっては朗報だろう。地方場所の土俵は「乾きやすくて滑る」と不評だった。国技館の土俵は荒川沿いで取れる粘性の高い土を使っているため、滑りにくい。かつての地方場所はその土地の土で土俵を作っていたため、質に差が出ていた。こうした事情もあり、相撲協会は17年から場所にかかわらず、本場所の土を荒川沿いのものに統一。問題は解決したように思われたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る