二岡氏が巨人三軍監督に 配転は他球団流出阻止の一環か?

公開日: 更新日:

「二岡コーチは由伸監督が退任した18年オフに、同じくして巨人を退団。翌19年はBCリーグ・富山の監督に就任し、選手をプロに送り出してもいる。その手腕は巨人だけでなく、他球団からも評価されている。実際、昨オフには、ある在京球団が水面下でコーチのポストを打診していたくらい。結果的に古巣である巨人のオファーを優先する形になったが、もし再び巨人から出るようなことがあれば、他球団から声がかかるはずです」

 巨人としても、二岡コーチを絶対に手放せない事情があるという。

「二岡コーチが現役時代、日本ハムへトレードで移籍した以降も、巨人は将来の幹部候補に位置付けていた。『ポスト原』の有力候補である松井秀喜氏や阿部慎之助二軍監督とは現役時代に一緒にプレーをした仲。彼らが将来、監督になった暁には、重要ポストに就いて、政権を支えてもらいたいと考えている。ただ、復帰直後とはいえ三軍のコーチでは、いかにも役不足の感が否めない。三軍とはいえ監督としてしかるべき立場についてもらい、期待をかけていることをアピールすることで、他球団への流出を阻止する意図もあるのではないか」(前出のOB)

 果たして、巨人の狙い通りにいくのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る