痛恨の朝乃山 新旧大関対決に負け来場所の綱とり消滅危機

公開日: 更新日:

 新旧大関対決は“先輩”に軍配が上がった。

 大関朝乃山(26)と元大関照ノ富士(28)が、この日の結びの一番で激突。いずれも賜杯レースのトップを走る1敗とあって、優勝決定戦さながらの一番となった。

 朝乃山からすれば、今場所優勝なら次の9月は文句なしの綱とり場所になる。是が非でも勝ちたかっただろうが、照ノ富士のパワーとうまさが上回り、がっぷり四つに組むも徐々に後退。投げもこらえられ、最後は寄り切られた。

 これで2敗となり、賜杯争いから一歩後退。こうなると、来場所の綱とりはいよいよ厳しい。

 横綱昇進の基準は「2場所連続優勝、あるいはそれに次ぐ成績」とある。この「優勝に次ぐ成績」の解釈が曖昧なのだ。

 文言通りにとらえるなら、優勝同点のことになる。これは千秋楽で星が並び、優勝決定戦で負けた場合に言われるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る