野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(62)の采配が波紋を広げている。6日の阪神戦で0―11と大量リードを許した八回に野手の増田大輝(27)をマウンドに送り、「最善策。6連戦中であそこをフォローアップする投手はいない。(5番手で7失点の)堀岡(隼人)を投げさせることの方がはるかに失礼」と意図を説明した。

 これに巨人の監督経験もある堀内恒夫氏が噛み付いた。自身のブログで「これはやっちゃいけない。巨人軍はそんなチームじゃない。こんなことして相手のチームはどう思うだろうか。馬鹿にされてるとは思わないだろうか」と痛烈批判。そこへ、巨人OBで元メジャーリーガーの上原浩治氏がツイッターで「何がダメなんでしょうか? 巨人だからやってはダメ??他球団ならオッケー?? そっちの方がおかしいと思いますが…」と反論。米大リーグ・カブスのダルビッシュ有も「大敗しているときは全然ありです」とツイッターで原監督の采配を擁護するなど、OBの間で賛否両論がヒートアップしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る