育成法で如実…ロッテ井口監督と日ハム栗山監督の“器の差”

公開日: 更新日:

「若手を育てるためには、打てなくても我慢して使い続ける強い覚悟が必要です」

 こう語るのは巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)だ。

 ロッテ井口資仁監督(45)は今季、2年間二軍でみっちり鍛えた高卒3年目の安田尚憲(21)を開幕直後から積極的に起用。7月19日の日本ハム戦は4タコで、この時点の打率は・172だった。それでも次戦の西武戦から4番に抜擢。29日の楽天戦では前夜に1試合3発を放った井上もいる中、21歳の左打者を4番から外さなかった。そこには「将来の大砲に育てる」という井口監督の信念がうかがえた。その安田は4番に座ってからの10試合は37打数13安打、打率・351、1本塁打、7打点。31日の楽天戦はエースの則本から3本のヒットを打った。前出の中村氏が言う。

「芽の出ていない若い選手を一軍の試合で育てることは、投手陣や同じポジションの選手にとっては不満でしょう。ファンから批判の声が上がることもある。それを承知で監督は使うわけです。昔の話になりますが、高卒でプロ入りした王貞治だって最初から打てたわけではありません。ルーキーイヤーは初出場から10試合の間、1本の安打もなかった。それでも当時の水原茂監督は王を使い続けたからこそ、初安打となる11試合目(27打席目)の決勝2ランにつながった。それからの活躍はご存じの通りです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る