巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

公開日: 更新日:

増田大輝(内野手・27歳・5年目)

 セ・リーグ首位を快走する巨人。7月31日現在、13本塁打を放っている4番岡本、5勝を挙げているエース菅野(共にリーグトップ)が目立つが、主力以外にも自身の長所を生かし、チームを牽引している「新星」がいる。増田大輝内野手、北村拓己内野手、高梨雄平投手はどんな選手なのか。

 7月19日のDeNA戦。1点を追う九回1死に内野安打で出塁した坂本の代走で登場すると、すかさず二塁への盗塁を成功させた。2死後、丸の二塁への内野安打の間に、二塁から一気に本塁へ突入。タッチをかいくぐりながら、決死のヘッドスライディングで同点とした。翌日のスポーツ紙には「神走塁」の文字が躍った。

 同2日のDeNA戦でも緊迫した場面で二盗を成功させた。「非常に思い切りがいい。“タカヒコ”くらいにはなっているかもしれない」と、かつて代走のスペシャリストとしてチームを支えた鈴木尚広を引き合いに出した原監督は、同29日にも「見事。集中力、決断力、勇気、彼の野球選手としての格が大きくなった」と称賛。盗塁数は8でリーグ2位につけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る