ヤクルト山田「国内FA権」取得もまさかの来季残留に現実味

公開日: 更新日:

 今オフのFA市場で最大の目玉といっていい。3日に国内FA権(8年)の取得要件を満たしたヤクルト山田哲人(28)のことだ。

 過去に3度のトリプルスリーを達成したこの山田を巡っては、かねて、巨人ソフトバンクのみならず、メジャー球団も動向を注視している。今季は年俸5億円の1年契約。ヤクルトもすでに残留交渉に入っているとみられるが、球界では「ヤクルトは3年契約最終年の青木の去就問題も抱えている。マネーゲームとなれば分が悪い」ともっぱらだ。

 とはいえ、今季の山田は、4日現在で打率・261、6本塁打、33打点、8盗塁。7月には、上半身のコンディショニング不良で、2016年以来の登録抹消となった。

「この状況で果たして、FA権を行使する決断ができるかどうかです」とは、ヤクルトOB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

もっと見る