ヤクルトが直面する“有観客格差” 阪神とは実に2.4億円の差

公開日: 更新日:

 その差は小さくない。

 7月10日から最大5000人の有観客開催を行うプロ野球。セは6月19日の開幕から約2週間、関東で集中開催されたこともあり、有観客で本拠地開催ができる試合数はチームごとに差がある。

 最も多いのは、開幕から5カード連続でビジターだった阪神で58試合(7日現在)。最少は5カード連続ホームで戦い、14試合を無観客で開催したヤクルトの46試合だ。ヤクルトは阪神と比べて、5000人の有観客での開催数が12試合も少ない。1試合のチケット代の平均価格を4000円とすると、入場料収入は2000万円。12試合で2億4000万円の差が出る計算だ。

■スタメン6人分の年俸

 2・4億円といってもバカにならない。ヤクルトの2019年度の純利益は1億65万円。7日の中日戦のスタメンを見ると、1億円以上の高給取りである坂口、山田哲、青木を除き、村上ら6人分の年俸を賄える金額である(約2・3億円=出来高は除く)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る