ヤクルトが直面する“有観客格差” 阪神とは実に2.4億円の差

公開日: 更新日:

 その差は小さくない。

 7月10日から最大5000人の有観客開催を行うプロ野球。セは6月19日の開幕から約2週間、関東で集中開催されたこともあり、有観客で本拠地開催ができる試合数はチームごとに差がある。

 最も多いのは、開幕から5カード連続でビジターだった阪神で58試合(7日現在)。最少は5カード連続ホームで戦い、14試合を無観客で開催したヤクルトの46試合だ。ヤクルトは阪神と比べて、5000人の有観客での開催数が12試合も少ない。1試合のチケット代の平均価格を4000円とすると、入場料収入は2000万円。12試合で2億4000万円の差が出る計算だ。

■スタメン6人分の年俸

 2・4億円といってもバカにならない。ヤクルトの2019年度の純利益は1億65万円。7日の中日戦のスタメンを見ると、1億円以上の高給取りである坂口、山田哲、青木を除き、村上ら6人分の年俸を賄える金額である(約2・3億円=出来高は除く)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る