巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

公開日: 更新日:

 巨人小林誠司捕手(31)が18日のDeNA戦で、およそ3カ月ぶりに一軍に復帰した。八回に代打で登場し、三振に倒れた。

 開幕3試合目の6月21日の阪神戦で左腕に死球を受け、左尺骨を骨折。長期離脱を余儀なくされていた。

 昨年は山口俊(現ブルージェイズ)と最優秀バッテリー賞を受賞。前回のWBCで侍ジャパンの正捕手も務めた男の離脱は緊急事態だったが、巨人はビクともしなかった。大城、炭谷、岸田の捕手3人制で独走態勢。先月22日の三軍戦で実戦復帰を果たしたものの、1カ月近く二軍で待機する日々が続いた。

「小林は構想外なのか……?」と、ある球団の編成担当者がこう続けた。

「とっくにケガは治っているのに、一向に一軍に呼ばれなかった。まるで『第4捕手』のような扱い。この前はあの沢村もトレードで放出したし、小林も話題にはなりますよね。今の球界はただでさえ、不動と呼べる正捕手が少ない上に、ロッテ・田村、広島・会沢、阪神・梅野らが故障で離脱。どこも捕手が欲しいんです。小林は二軍でも打率・174だから、打てないことが話題になるけど、打てる捕手は少ない。あの強肩は日本球界で一、二を争うし、捕球やワンバウンドを止める技術も随一ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る