小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

公開日: 更新日:

 FA権がわずらわしかった――僕が2007年オフにFA宣言した理由を端的に言ってしまえばこうなります。

 僕はこの年にFA権を取得。現在のように国内FA権と海外FA権に分かれたのは翌08年からでした。当時はどの選手も年間145日という一軍登録日数を9年分満たせば、国内外を問わず、移籍が可能でした。

 当初はFA宣言するかどうかすら、あまり考えてなかった。ましてメジャーなんて頭の片隅にもありませんでした。にもかかわらず、連日のようにさまざまな人から「FA宣言するの? しないの?」と聞かれる。

 メディアにもいろいろ書かれました。「巨人横浜ロッテ・小林雅英を狙っている」なんてのはまだいい方。僕は何もしゃべっていないのに、スポーツ紙の1面に「在京のセ・リーグ球団が本命」と書かれる始末です。

 当然、そうした記事をボビー・バレンタイン監督(70)も見たでしょう。指揮官にすれば、面白くないに決まっている。そうした事情もあり、ボビーとはギクシャクというか、僕自身、野球に集中し切れませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る