巨人戸郷8勝目で新人王見えた VIPローテは菅野後継の証し

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征(20)が先月27日以来、1カ月ぶりとなる8勝目(4敗)を挙げた。27日の中日戦で7回4安打無失点の好投。四回以降、安打を許さない初完封ペースだったが、大事を取って99球で降板を命じられた。

 試合前まで、9月の防御率は6・11とガス欠気味。3試合、勝ち星から遠ざかっていた。本来の順番は前日26日だったが、宮本投手チーフコーチの配慮により前回登板で球数が少なかった畠と入れ替わった。戸郷は中8日の間隔をもらってのマウンド。「いい休憩というか、いいリフレッシュになった」と首脳陣に感謝したが、前日の畠は中5日の登板で五回途中2失点。原監督に「三角」と評される微妙な内容だった。

 畠も今季は右肩周辺の肉離れから復帰したばかりで、本来なら間隔を空けたい投手。それでも、高卒2年目にして11連勝の菅野に次ぐチーム2番目の勝利数を誇る戸郷のコンディションが最優先なのだ。勝てなかったこの1カ月、戸郷は菅野に相談し、復調のヒントを得たという。内容は伏せたが、そのエースはオフに入札制度を使ったメジャー移籍を球団に直訴する可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る