鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

コロナ禍で窮地? 球団経営者が発する悲観的情報の真偽

公開日: 更新日:

 大リーグのレギュラーシーズンは現地時間27日に終わり、29日にアメリカン・リーグ、30日からはナショナル・リーグのプレーオフが始まる。

 コミッショナーのロブ・マンフレッドが、レギュラーシーズンを無観客で行ってきたことを改め、ナ・リーグの優勝決定シリーズとワールド・シリーズを有観客で行う方針を示したことは、誰も経験したことのない環境の中で試合を行ってきた選手たちにとって朗報といえよう。

 ところで、大リーグ機構が公表した資料によれば、2019年の大リーグの収入の内訳は「入場料および球場での販売収入」が39%、「全国放送の放映権料」が25%、「地域放送の放映権料」が22%、「スポンサー収入」が11%、「その他」が4%となっている。無観客で試合を行うことの問題は大きく、各球団は試合ごとの入場券の販売ができないだけでなく、代金が振り込まれている年間予約券の所有者を球場に入れることもできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る