シルクカントリー倶楽部は昼食なしオールスループレー導入

公開日: 更新日:

シルクカントリー倶楽部(群馬)

 ゴルフの本格的なトップシーズンに突入した。新型コロナ騒動も緊急事態宣言が発令された時に比べるといくぶん落ち着いたように感じるが、どこのゴルフ場も来場者の感染防止に手を緩めずに営業を続ける。1998年開場のシルクカントリー倶楽部(群馬県富岡市)もそうだ。

 コロナ対策として全組昼食なしのオールスループレーのプランを打ち出した。スタート時間は午前と午後とで区切っており、プレー料金は平日セルフ4500円(税別)。土日祝セルフ8500円(同)。午前プレー、午後プレーともに同じ料金だ。

「日頃から、リーズナブルな料金でプレーができるとご好評をいただいております」(フロントマネジャーの鎌倉太郎さん)

 リモコン付き電磁誘導式カートで、4人プレーでも約5時間でホールアウトできる。

 また、コロナ対策としてこれまでと大きく異なるのがレストラン休業だ。ビュッフェスタイルの人気ランチをやめて、コース内の売店でも軽食販売を停止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る