注目のタイトル争い 三冠王3度の落合は自己チューだった

公開日: 更新日:

 プロ野球の公式戦も約3分の2を消化し、優勝争いだけでなく、個人タイトルも注目される時期になってきた。

 タイトルといえば、プロ野球史上ただひとり、3度の三冠王に輝いたのが落合博満氏だ。中日時代、なかなか勝てないチームの状況に首脳陣が落合にこう語りかけたという。

「落合、4番打者なんだから、得点圏に走者がいる時は、少々ボール気味のボールでも打って走者を返してくれ」

 4番打者は「クリーンアップ」と言われる。塁上の走者を一掃してホームに返すのが仕事だ。4番がチャンスに打てばチームの士気も上がる。四球を選んでチャンスを広げるのが本来の役割ではない。しかし、当時のコーチのひとりは「それでも落合の打撃は変わらなかったね。ボールを選んで際どいコースには手を出さなかった」と話していた。ボール球に手を出せば自分のバッティングフォームが崩れるかもしれない。そうなれば、自らの成績、強いては年俸にも影響すると考えたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る