NBAレイカーズ10年ぶり頂点 名門復活に大坂なおみも一役

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAの名門が復活を果たした。

 年間王者を決める11日(日本時間12日)のファイナル第6戦で、レイカーズがヒートを106―93で下し、2010年以来10年ぶりの優勝。セルティックスと並ぶ通算17度目の頂点に立ち、エースのレブロン・ジェームズ(35)が4度目のMVPに選ばれた。

 かつて、2度のファイナル3連覇を果たした名門も、08―09年、09―10年シーズンでの2連覇を最後にファイナルから遠ざかっていた。昨季はジェームズをFAで獲得しながら、プレーオフにすら進出できなかった。今季の復活はジェームズとA・デービス(ペリカンズから移籍)の最強デュオがチームを牽引したことに加え、日本の女子アスリートの存在も無視できない。今年9月の全米オープン(OP)で、2年ぶり2度目の優勝を手にした女子テニス大坂なおみ(22)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

  10. 10

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

もっと見る