山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

ベテランの存在感が薄いからこそ阪神は世代交代ができる

公開日: 更新日:

 今季の阪神タイガースは久しぶりに楽しい。さすがに優勝は無理だろうけど、私は別に優勝だけを望んでいるわけではないので、このまま2位や3位で終わってもどうってことない。むしろ今季はCSがないため、目の前の勝敗に大騒ぎしなくてもいいことが心の安定につながっている。勝敗の行方以上に、各選手の日々の成長と活躍が楽しみでならないのだ。

 野手では大山悠輔近本光司がそうだ。2人とも過去5年のドラフト1位。巨人岡本和真とホームラン王を争う待望の和製大砲が大山なら、近本はかつての赤星憲広を思い起こすスピードスターでありながら、赤星以上のパンチ力を備えるハイブリッド型。この2人は現在の阪神打線に欠かせない中心的なピースとなっており、いずれは不動の3、4番コンビに大化けするかもしれない。

 また、そんな近本と同じ2018年のドラフトで2位指名された小幡竜平が、高卒2年目ながら今やショートのレギュラーに近い存在にまで成長していることも見逃せない。その小幡とショートのポジションを争う木浪聖也も同じ18年のドラフト3位で、昨年からキャプテンを務めるセカンド・糸原健斗も大山と同じ16年ドラフトの5位入団。やはりみんな過去5年の生え抜き選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る