山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

報道の視点でハッキリわかる巨人と阪神の「決定的な違い」

公開日: 更新日:

 阪神近本光司が10月3日の巨人戦で今季第9号本塁打を放ち、ルーキーイヤーから2年連続でシーズン100安打を突破した。これは阪神では1999年の坪井智哉以来21年ぶり6人目の快挙である、と一部スポーツ紙が報じていた。

 また、その前日2日の巨人戦では高卒2年目の小幡竜平がプロ初となる3安打猛打賞を記録。高卒2年目の左打者が猛打賞を記録するのは、阪神では75年の掛布雅之以来、実に45年ぶりの快挙である、と一部スポーツ紙が報じていた。

 なお、この小幡については8月27日の中日戦でプロ初安打を記録したときも、阪神では97年の浜中治以来23年ぶりとなる10代野手の安打である、と一部スポーツ紙が報じていた。

 一方、今季の阪神がてんでかなわない、いや昔から伝統的に負け続けている宿敵・巨人については、主将の坂本勇人が10月3日の阪神戦で今季10度目となる3安打猛打賞を記録。坂本のシーズン2桁猛打賞はこれで5年連続10回目となり、プロ野球史上3位タイ(1位は張本勲の15回)の記録である、と一部スポーツ紙が報じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る