虎矢野監督にコロナ新疑惑 ルーキー井上の起用は雑音封じ

公開日: 更新日:

 ダルマさんで3位転落だ。

 阪神中日との「2位攻防戦」に完封負け。3位に転落した。解せないのは、ドラフト2位の高卒新人・井上広大(19)のスタメン起用だ。

 阪神の高卒新人野手のデビュー戦先発出場は、1968年の川藤幸三以来52年ぶり。井上は二軍の打率は・220も、8本塁打はトップ、32打点は1打点差の2位。一軍からお呼びがかかることは不思議ではないものの、阪神はこの試合を落とせば3位に落ちる。しかも相手先発は今季絶好調の大野雄だ。糸井は左腕を苦にする打者ではない。右打者なら中谷もいる。糸井や中谷の代わりに「7番・右翼」で出場した井上は大野の前に3タコ(2三振)に終わったが、大野より低レベルの投手が登板する日に使うべきではなかったか。

 井上の起用についてはこんな見立てもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る