阪神・矢野続投へ…原巨人は来季も「カモ虎蹂躙」の高笑い

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(62)はほくそ笑んでいるはずだ。

 阪神矢野燿大監督(51)の来季続投は既定路線と13日のスポーツ紙が報じた。矢野監督は2018年10月に3年契約で就任。1年目の昨季は貯金1の3位、2年目の今季は貯金2の2位につけているものの、13日現在、首位巨人とは12・5ゲーム差と独走を許している。

 それでも藤原崇起オーナーは「当然。全く変わっていない」と明言。「いろんなアクシデントがある。その時、その時のセカンドベストを貫いている」と説明した。コロナ感染者を何度も出しながら、Aクラスをキープしていることが評価されているといわれるが、「要するに臭いものにフタ、揚塩球団社長をスケープゴートにして、さっさと2度に及ぶコロナ騒動の幕引きを図りたいのです。問題の本質を突き詰めれば選手を甘やかす矢野監督や、矢野体制を支持する藤原オーナーにも責任が及ぶところですが、阪急阪神HDの幹部もそこまでの荒療治を施すつもりはサラサラない」とは、さる阪神OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る