残り試合はロッテ有利?首位ソフトBと「あってなき5.5差」

公開日: 更新日:

 19日現在、首位・ソフトバンクと2位・ロッテのゲーム差は5・5。ソフトバンクは目下8連勝中と波に乗っているだけにパの優勝争いは勝負あったかに見えるが、残り試合をみると、必ずしもソフトバンク有利とは言えないのではないか。

 ソフトバンクは残り16試合中、ロッテ(6勝11敗1分け)と6、西武(8勝8敗1分け)と7。どちらかといえば苦にする球団との対戦を多く残している。

 そこへいくとロッテは残り18試合中、ソフトバンク(11勝6敗1分け)と6、オリックス(16勝3敗1分け)と4。カモにしている球団との対戦が多い。しかもソフトバンクとは直接対決だ。

 おまけにロッテはこの日、新型コロナウイルスに感染していた荻野と藤岡が一軍に合流。井口監督によれば「(試合は雨天中止だったが2人とも)先発のつもりだった。みんな戻ってきて、さあ、というところ」だという。

 ロッテは相性のいいチームとの対戦が多く残っているうえ、メンバーも揃って士気も上がっている。両チームの間には5・5ゲーム差という数字ほどの開きはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る