ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

公開日: 更新日:

 8連勝で2位ロッテとのゲーム差を5・5に広げたのが18日のソフトバンクだ。

■周東が4安打3盗塁

 この日のヒーローは4安打3盗塁をマークした周東佑京(24)。象徴的だったのは五回。この回先頭で打席に入り、バント安打で出塁。すかさず二盗、三盗を決めると暴投で生還した。三回の二盗と合わせてリーグトップの39盗塁とすると、打っても適時打2本を含む今季2度目の4安打と大暴れだ。

「1番打者を任されていることを意気に感じ、楽しみながらプレーしています」

 試合後にこう言った周東は2017年の育成ドラフト2位。エースの千賀(27)、先発右腕の石川(28)、正捕手の甲斐(27)、内野手の牧原(28)……育成から雨後のタケノコのごとく選手が出てくるのは一芸に秀でている選手の発掘と、16年に完成した二、三軍施設の環境が大きいといわれるが、それだけじゃないという声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る