運も実力? ロッテ藤原2号先頭打者弾で掴むレギュラーの座

公開日: 更新日:

 2度目の先制弾を勝利につなげた。

 ロッテ藤原恭大(20)が14日の楽天戦と同様、16日の日本ハム戦でも初回、先頭打者本塁打を放った。三回にはマーティンの2ランの呼び水となる右前打も打つなど、4打数2安打1打点。

 自身初のお立ち台では、プロ1号弾を打ちながら負けた楽天戦に触れ、

「この前は(ヒーローに)なれなかったですけど、今日はなれた」

 と笑顔。さらに「1打席目の1球目から本塁打を打てるだけの準備はしています」と言った。

 新型コロナウイルスによる大量離脱者の穴埋めとして、6日に昇格。「1番・左翼」で8試合に出場し、打率.333、2本塁打4打点と活躍中だ。

 コロナがなければ、今季は二軍暮らしが続いていたかもしれない藤原。きっかけはどうあれ、一皮むけたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る