アマ球界に衝撃…神宮大会中止の背景に主催者のコロナ不況

公開日: 更新日:

 明治神宮野球大会の中止は、アマ球界に大きな衝撃を与えた。

 高校、大学の秋の日本一をかけて戦うこの大会は昨年で50回を重ね、中止は昭和天皇の病状悪化による1988年以来2度目。春夏甲子園、大学野球選手権と並ぶアマ野球最高峰の大会のひとつであり、来春センバツの明治神宮大会枠は消滅することになる。

 明治神宮野球大会事務局は、大会中止の理由についてこう説明する。

「直近まで大会開催に向けて準備を進め、考慮をさせていただきましたが、残念ながら中止を決断せざるを得ませんでした。一番の問題点は全国各地から最もコロナ感染者数が多い東京に集まり、長期滞在する上に、大会後に帰るという移動時のリスクがあることでした」

■補助金負担が重荷

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る