松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

本業以外ではみ出してもいいけど…ダルにひとつ文句がある

公開日: 更新日:

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有がナショナル・リーグ最多勝に輝いたのはすごい。

 やるな。

 野球で鳴かず飛ばずが、野球以外(たとえばSNSとか)であんまり大言壮語すりゃ、必ず出てくる「本業もろくにできねえやつが野球と関係ないことまではみ出してブイブイ言ってんじゃねえ」の反発。黙々と野球小僧に徹する大谷翔平とは真逆で、あらゆることに首を突っ込み意見を言う。黙ってりゃいいのにはみ出しやがって、小ざかしいヤツ、というレッテル。

 おもしれえもんだな。これが、本業の野球で大活躍すればたちどころに払拭される。野球選手が社会的なことを発言して何が悪い?とみんな認める。いいこった。まことに喜ばしい。

「スポーツ選手の脳みそは筋肉論」を真っ向否定する強力な全方位直感論破脳みそ。この際名前に3文字足したらどうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る