巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

公開日: 更新日:

 巨人が天理大の148キロ左腕・森浦大輔投手(4年=天理)と、すでに1位指名を決めている近大・佐藤輝明を抽選で外した場合は、明石商・来田涼斗外野手(3年)を指名候補に入れていることが23日、分かった。

 森浦は天理高時代、1年夏からベンチ入り。2年春に甲子園の舞台に立った。天理大では1年春からリーグ戦に登板し、MVPを獲得。全日本大学野球選手権2回戦で16奪三振の完投勝利を挙げ、3年で大学日本代表候補に選ばれた。関西大学ナンバーワン左腕の呼び声が高く、阪神大学野球の秋季リーグ戦は4勝1敗の好成績で有終の美を飾った。175センチ、71キロの細身の体格ながら、球の出どころが見えにくいフォームから繰り出すスライダー、チェンジアップを武器とする。

 巨人が密着マークを続けている。ある球団のスカウトがこう言う。


「もともと『2位縛り』(1、2位までならプロ入り。3位以下なら西日本にある社会人入り)の選手でした。それが先日、3位以下でもプロ入りしたいと社会人チームに断りを入れたそうです。巨人は水野さん(巡回投手コーチ=スカウト兼務)などが熱心に見に来ていて、3位以下で指名したい思惑があるんじゃないか。ただし、ソフトバンクなども上位候補に挙げているという情報があるので、2~4位の駆け引きになりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る