DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

公開日: 更新日:

 DeNAラミレス監督が興奮気味に言った。

「あんな逆転のシーンを見ることができて、素晴らしい気分」

 確かに劇的だった。18日の巨人戦。それまで0―5と一方的だった試合が七回に動いた。4連打で2点を返し、なおも無死満塁の好機。ここで1番の梶谷隆幸(32)が逆転の満塁弾を右翼へ放った。続く八回にも2打席連続となるダメ押しの2ランを打ったヒーローに、「日本一の1番打者だ」と指揮官の賛辞は止まらなかった。

 その“日本一の1番打者”が今、他球団の注目を集めている。

「故障や手術もあって昨年、一昨年はいずれも41試合の出場にとどまり、『トレード要員』と囁かれた。それが今季はリーグ3位の打率・318、19本塁打と大復活。8月に国内FA権を取得したことで、複数球団が水面下で調査をしています。昨年までの不振で17年オフに1億2800万円だった年俸が7400万円にまでダウンし、お買い得感がある。人的補償が発生するBランク選手とはいえ、オフのFAの目玉である年俸5億円のヤクルト山田哲の獲得に参戦できる球団は限られますからね。梶谷がFA宣言すれば、1番人気になると思います」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る